歩く葬儀業者

納骨堂を利用する

納骨堂の色々な魅力とは

首都圏を中心に増えているのが、納骨堂です。納骨堂とは、故人の遺骨を納めるための室内設備です。納骨堂を申請すると、実はインターネットでお参りすることが可能になります。納骨堂の管理者に依頼すれば、お壇にウェブカメラを設置してもらうことができます。そのため、リアルタイムで現在の状況をチェックすることが可能となります。なので、ネットの画面を通して、納骨堂参りが可能となります。このサービスは、病気や老齢で体が不自由な方に重宝されています。その他にも、海外などで生活している人も、自分の好きなタイミングでお参りができます。 また、納骨堂を利用すれば、施設の責任者が納骨を管理してくれます。よって、お墓のようにこまめに手入れする必要がありません。非常に便利なので、重宝されています。

契約する時に気をつけること

納骨堂を契約する時には、事前に頭に入れておかないといけないことがあります。まずは、お参りする時は、焼香、花、供物の制限があることです。例えば、焼香や花をたむける場合、故人のお壇に行うことができません。納骨堂には共同の礼拝所があるので、そこに限られる場合が多いです。普通のお墓での参拝方法とは違うので、違和感をおぼえる方は多いです。また、納骨堂は有期限の契約があることです。なので、使用期限が終わった後のことを考慮する必要があります。 その他の注意点は、納骨堂の施設自体も老朽化していくことです。なので、大きな災害が起きた場合、遺骨が破損してしまうこともあります。なので、施設の耐震性、修理についても確認した方がいいといえます。

Copyright© 2015 家族葬で見送る【故人を偲ぶために行なう式】. All Rights Reserved.
Design by Megapx . Template by s-hoshino.com