歩く葬儀業者

便利な業者

提供されるサービスの種類が多くなってきました

一昔前までは、遺品整理業者に頼める作業は、遺品整理そのものと、それに伴って発生する不用品処分だけに限られていたのが実情です。実際には、それ以外の細々とした作業も頼みたいと考える客が多かったのですが、それに対応できるような体制を整えている業者が存在していませんでしたので、遺品整理業者以外にもいくつかの業者を利用するようになるケースが大半でした。たとえば、亡くなった人が住んでいた貸家を明け渡すために、設置していたエアコンの取り外しや処分を希望する人が多かったのですが、電気工事業者の免許を持っていない業者では対応することができません。しかし、最近では電気工事業者の免許を取得したり、他の作業にも対応できる体制を整えている業者が多くなってきたため、遺品整理に伴う全ての作業を全部まとめて頼んでしまえるようになってきています。

特殊清掃サービスに対する需要が高まると考えられています

個人のプライバシーを重視する人が多くなってきたため、近所付き合いを全くしない人が増えてきました。「遠い親戚よりも近くの他人」という言葉があったことからもわかるように、昔は近所付き合いが積極的に行われていましたが、現在では隣りにどのような人が住んでいるのか全く知らないというケースが珍しくなくなってきています。特に都市部でその傾向が顕著なのですが、結果的に孤独死の発生件数が年々増えてきています。今後、高齢者が一人で暮らす世帯の数がさらに増えていくと考えられていますので、孤独死の発生件数の増加が予想されます。とても残念なことですが、それが現状になっています。そのため遺品整理業者が提供する特殊清掃サービスへの需要が、さらに高まっていくだろうと考えられています。

Copyright© 2015 家族葬で見送る【故人を偲ぶために行なう式】. All Rights Reserved.
Design by Megapx . Template by s-hoshino.com