歩く葬儀業者

家族葬を考える

希望に合ったプランを考えてもらえます。葬儀は東京のこちらの専門会社に任せておこう。多くの信頼が寄せられています。

シンプルな家族葬をする家庭が増えてきています。家族だけで温かみのあるコンパクトな葬儀をしたい人におすすめですよ。

家族葬で起きやすいトラブル

家族だけで故人を見送る家族葬は、費用を抑える事も出来、ある程度の自由も利くので、形式に拘らない静かな温かい葬儀を行う事が出来ます。 ですが、従来の形式ではない葬儀とも言えますので、思わぬトラブルが起こる事もあります。 基本的に家族葬は「家族以外の参列がなく、会葬者のいない葬儀」ですので、故人の知人を呼ぶ事は出来ませんし、厳密に言えば二親等以内の親族で行う葬儀ですから、それ以上遠ければ親族の参列も出来ません。 故人との別れが出来なかった、葬儀に呼んでもらえなかったなど、後々言われてしまい、それが元で関係が拗れてしまったと言うケースもあります。 家族葬を行う時は、その旨を必ず相談、あるいは連絡し、周囲の理解を得なければなりません。後々故人の死を知らせる時は、生前の親交に対するお礼と、丁寧なお詫びを忘れないようにします。

費用を抑える手段ではないと言う事

会葬者がないのだから、香典返しや返礼の品、もてなしの料理など用意しなくてもよく、費用が安く済むような気がしますが、実際の家族葬は時に一般葬より費用がかかる場合があります。 会葬者がないと言うのは、香典収入がないと言う事でもありますので、葬儀にかかった費用は全て家族の持ち出しとなります。結果的に費用がかかってしまうと言うわけです。 家族葬は故人となった家族と、ゆっくりお別れをするための工夫ととらえるのが正解ではないでしょうか。 もちろん、飲食費用や祭壇費用を抑える事も出来ますので、葬儀費用を抑える工夫とも言えますが、あわただしい葬儀できちんとお別れが出来ない従来の形式ではなく、家族との最後の時間を心静かに過ごすための新しい形式として、家族葬を行うメリットがあるように思われます。

斎場の選択

葬儀の際には斎場を手配する必要があります。親しい身内がなくなった際には自分で斎場を手配しなくてはならないのですが、適当に選んでは故人に申し訳ないのでしっかりとした場所を選択しましょう。

Read More..

納骨堂を利用する

近年では、首都圏を中心に墓地などに使用できる土地が減少しているため、納骨堂などのような施設が人気となっています。納骨堂にはしっかりと管理してくれるような管理者の方が居るので安心して任せられます。

Read More..

便利な業者

遺品整理は基本的に家族が行なう作業となっていたため、昔は業者に頼むことが出来る範囲が決まっていました。しかし、現在では遺品整理などをしっかりと業者に頼むことが出来るので利用するととても便利です。

Read More..

Copyright© 2015 家族葬で見送る【故人を偲ぶために行なう式】. All Rights Reserved.
Design by Megapx . Template by s-hoshino.com
このエントリーをはてなブックマークに追加